かしこく補助金を活用しよう!

起業や新規事業の展開にあたり、

ぜひ検討してほしいのが補助金の活用。

 

ホームページやチラシの制作、

機械装置の購入でかかった費用のうち

2分の1から3分の2が国や市町村から支給される補助金があるのです。

 

2019年2月から3月にかけて

公募が始まる補助金について、千葉市で勉強会を開催。

 

開催は2019年1月14日(月)

10時~、13時半の2回開催します。

各回10名限定です。 

画像クリックでお申込みページへうつります

小規模事業者持続化補助金

経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、

原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。

 

ホームページやチラシ、展示会の出店などの費用に対して

50万円の補助金が出るものです。

 

しくは日本商工会議所のホームぺージを。

(平成29年度補正予算の情報です)

ものづくり補助金

(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)

足腰の強い経済を構築するため、

日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者が取り組む

生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの

改善を行うための設備投資等の一部を支援します。

 

革新的なサービスの開発、

試作品の開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資に対して

最大1,000万円(補助率1/2)の補助金が出ます。

 

詳しくは

千葉県中小企業団体中央会のホームページ

(平成29年度補正予算の情報です)

ちば創業応援助成金

(ちば中小企業元気づくり基金事業)

こちらは千葉県の補助金です。

 

創業予定、もしくは創業してから5年以内の事業者に対して

原材料・消耗品費や、機械装置、外注加工費などを補助します。

 

最大200万円(補助率2/3)が出る補助金です。

 

ただし申込に、市町村が実施した創業セミナー(特定創業支援事業)に参加し

修了証明書の発行を受けた、等の要件が必要です。

 

詳しくは

千葉県産業振興センターのホームページ

(平成30年度の情報です)

画像クリックでお申込みページへうつります

補助金の公募が始まったらすぐ準備を

ほとんどの補助金は毎年2月から3月にかけて公募が始まり、

応募期間は数か月間だけ。

 

逃したら、次は来年になるのです。

(来年もまた同じ補助金が出てくるという保証はありません)

 

公募が始まっても公募要領を読みこなすのが大変で

内容の理解が進まないということが多いもの。

 

いつ公募が始まっても準備ができるよう

補助金について学ぶ勉強会を開催します。

2019年千葉で補助金勉強会を行います

勉強会での内容

2018年12月に中小企業庁から発表された

平成31年度中小企業対策予算。

こちらで補助金の概要についてわかりやすく解説。

 

さらに昨年度の実績に基づいて、

申請の流れや書類の書き方を解説します。

1.日時

2019年1月14日(月)

第1回 10:00 ~ 12:00

第2回 13:30 ~ 14:30

 ※各回10名までとさせていただきます。

 

2.参加費

1,000円(消費税込み)

※当日のお支払いとなります。

 できるだけおつりがないようお願いいたします

 

3.場所

千葉貸し会議室グッドスペース

千葉市中央区富士見1丁目13-9千葉センタービル3階A号室

(ワシントンホテルの隣、白い外壁の建物になります)